ゴミ箱のヤバイ臭いを防げば部屋が快適になります

「臭い物には蓋をする」という諺(ことわざ)がありますね。密閉型のゴミ箱のフタを開けた時に閉じ込められた臭いが漏れて困ったことはありませんか?

ジメジメ、ムシムシしたこれからの季節。部屋にこもった生ごみの臭いはとても気になります。また、赤ちゃんのおむつやペットのシートなど部屋の中に置いておきたくない臭いを発するゴミの処理がこのデオキューブカンで解決します。

また、悪臭除去用の臭い消しのスプレーには様々な化学物質が含まれていて健康被害が心配です。

そこで、科学的に安全な天然成分で脱臭、抗菌する機能性ゴミ箱『デオキューブカン』を作りました。

デオキューブカンはふた部分に内蔵されている“消臭メッシュのフィルター ”が臭いを分解して消すので蓋を開けても悪臭が広がりません。世界で初めて”消臭メッシュフィルター”を取り入れたゴミ箱です。

公認機関の試験成績書

“消臭メッシュフィルター”は日本の平岡織染株式会社が持つ特許技術を利用して製造されています。また、この技術は㈱クラレトレーディングが独占販売権を保持しています。”消臭メッシュフィルター”の性能は脱臭と抗菌陰イオン発生効果が公認機関から立証された技術を使用しています。

消臭メッシュのフィルターはアンモニア(糞尿の刺激的な臭い)、トリメチルアミン(腐敗された魚の臭い)に対する悪臭除去に対して抜群の効果を発揮します。

陰イオンが大量に発生して細菌の繁殖を抑止する抗菌機能と害虫の発生を抑止する機能に対する試験成績書を日・韓の公認機関から取得し立証されています。

試験成績表詳細—————————-
・韓国建設生活環境試験研究所
・トリチルメチアン(腐敗した魚の臭い)
・アンモニア(糞尿の刺激的な臭い)
・抗菌試験
・抗菌試験
・韓国衣類試験研究員
・抗菌及び陰イオンの試験成績表
・財団法人日本化学繊維検査協会
・イオン情報センター
———————————————–

“消臭メッシュフィルター”は、活性炭粉末と天然鉱物が含まれています。

ゴミ箱から発生する臭いは“消臭メッシュフィルター”(穴のサイズが1mm x 1mm)を通過して外部に流出されます。

“消臭メッシュフィルター”内の活性炭粉末は、臭いの吸着機能があり、臭いが“消臭メッシュフィルター”に接触すると、吸着されて除去されます。“消臭メッシュフィルター”内の天然鉱物質は日光や電灯の光の中の紫外線の刺激を受けると、陰イオンを発生させ、“消臭メッシュフィルター”から25㎝以内のにおい分子を光酸化分解して臭いを除去する仕組みです。

既存の天然鉱物質を利用して、臭いを光酸化分解することは、世界的によく知られている技術です。特に天然鉱物(他の言葉で光触媒)は、日本が世界的に進んだ技術を保有しており、さまざまな現場で使用されています。その製造技術の特許を持っているのが平岡織染株式会社という日本の中堅企業であり、クラレトレーディング株式会社が「さやか」という商品で独占販売をしています。”消臭メッシュフィルター”はその「さやか」を再加工して製造しました。

スプレー式の消臭剤や芳香剤は防腐剤などの化学物質が含まれている事もあるといわれています。長く使い続けることによって皮膚、呼吸器、眼などへの健康被害が懸念されるという、一部報道もよく目にします。特に、小さなお子様を育てている方や、高齢者、などには避けられるものなら避けたいものです。デオキューブカンは、天然成分だけの環境にも健康にもやさしい製品です。活性炭と天然鉱物は、廃棄時にも安全な物質です。

使い方と構造

⑴ 4面で密着された密閉型ダストボックスとの違い

フタが本体から簡単に分離されバランスよく閉じれるように設計されています。

⑵ 掴みやすい取っ手

(3)様々なシーンで満足できるゴミ箱

脱臭・抗菌、陰イオン機能とインテリアに溶け込むようなデザインのゴミ箱として、オフィス、リビング、ベッドルーム、カフェ、病院、トイレ、レストランなど様々なシーンで満足いただけます。

デオキューブカンのサイズ:4.5L
(下部の直径13㎝、上部の直径20.3㎝、高さ29㎝)

構造:本体+フタ(消臭メッシュのフィルター2枚入り)

材質:PP(本体/フタ)、PVC(消臭メッシュのフィルター)

原産地:韓国

4種類の配色:
・ダークグリーン、ミントグレイ

*取り扱い方

・生ごみ専用袋や一般のビニール袋などが使用可能です。

・ビニール袋に生ゴミを入れた後、縛ったり密封する必要はありません。

・悪臭除去の消臭メッシュフィルターに汚れが付いたらソフトスポンジで水洗いをしてから使用してください。

・デオキューブ‐カンは日光または電灯の紫外線が一日に3時間以上あたる場所で使用してください。紫外線によって臭いの分子を光酸化分解します。

2ヶ月に1回程度、定期的にフタ部分を洗って日光に当て乾燥させると悪臭除去機能が再生されて1年以上効果が続けます。

  1. この記事へのコメントはありません。